2013年07月04日

名古屋、神戸ツアー

ここはどこだろうか。二日酔いと寝不足で頭が割れそうだった。館内放送で9時に起床とやかましい。薄暗いの大広間で、四方を囲む壁は茶色く爛れてみえる。棺桶のような台をベッド変わりに、それが100台くらいあるだろうか。それでも寝れるだけましかなと、思いつつ、昨日の夜温泉に入った後にここに辿りついたのを思い出す。遠くに満月をみながら、深夜2時から温泉に入ったのだった。ここは名古屋の健康ランドだった。およそ21世紀という事が信じられないような、うさん臭い真っ赤で巨大なシーサーに迎えられて、所々電灯の切れている、昭和風の温泉街風のネオンに迎えられ、大衆演劇の大量のポスターに、怖じ気づきながら、我々はどこか未知の戦闘領域に迷い込んでしまった小部隊のように、健康ランドのカウンターに立っていた。電話で確認した料金よりさらに安く泊まれる事になった、これがツアー第一夜の寝床を確保した瞬間である。名古屋を後にし、我々は車で四日市から奈良、滋賀の山の中を突っ切る新名神高速道路を走って神戸に向かっていた。こんな道路がもし戦国時代にあったなら、関ヶ原の戦いはまったく違う場所が戦場になっただろうし、壬申の乱もまた違った様相になったんだろう。人間の壮大さと歴史に思いを馳せつつあった。そして今回のツアーでは音楽の”形式”と”内容”が思考のテーマだった。ベケットの言葉で、"「形式が内容」であり「内容が形式」"ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』というこの有名な一節が頭の中で何度もグルグルと回っていて、長良川を渡ったあたりで、神戸でのライブのアイデアが浮かんだのだった。"「形式が内容」であり「内容が形式」"であるドローンに向けて思考の最初のきっかけを得たようなそんな感じがした。神戸に着いてすぐに会場入りし、恐らく1時間以上綿密なリハーサルの時間を過ごした。いくつかのパートに分かれたドローンの素材を自在に時間の流れを横糸し、同時にいくつかの音素材を響かせる事を縦糸にし、フィードバックを頻繁に挟んだ迷宮のようなドローンこれがその日辿り着いたアイデアだった。ブロック分けされた素材が忘れていた記憶が蘇った時のように、終わりも始まりもなく、現れる。私はこれをライブ版"Alone By the Sea"と取りあえず名付けてみる事にした。神戸でのライブではそこにエレクトリックギターでその場でいくつかのループを作り、執拗に繰り返される似たようなメロディをさらに加えた、ライブでしか出来ない事、ライブでやるべきというのが自分の信条で、音楽を聴くというよりも体で体験するといったそういった状態に持っていければとは思った。今度の7月10日のリリースパーティーでもこのライブ版"Alone By the Sea"をさらにブラシアップさせて上演する予定。
posted by chihei at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

春夏秋冬に思う。

此のところの蒸し暑さがまだ目新しいからだろうか、これまであれほど忌み嫌っていた暑さが何故か今年は気持ちがいい。これから長い夏に向けて、多分またウンザリしてくるだろうけど、今はこの暑さと湿気を楽しむとしようと思いつつ、冬を思い出したりして、時間の経過の早さにウンザリする。これまで作曲するようになってからは秋から冬にかけての季節が好きだった、今でも冬は好きだ。そして、秋も春も。。そうするといつでもいいじゃないかと自分にツッコミたくなる。もう少し張り下げてみると、季節の変わり目、例えば11月とか、3月とか,そういう曖昧な時期が好きなのかもしれないと思いつつ6月はなんだったのかと思うと、梅雨じゃないか。。しかし梅雨ってなんだ、夏なのか、春なのか。。つまり日本の四季折々の美しさ云々は語られる事が多いが、四季に入らない6月ってなんなだろうといところで、ドローンって音楽はなんだろうかと考えてみる。音楽の3大要素はよく、メロディ、ハーモニー、リズムというふうに教えられる事が多い、それが見事に欠落している純粋ドローンの立場って梅雨に似てるなと思ったという所で今日は筆を休めます。
posted by chihei at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

Returnig

最新作『bare strata』の2曲目の曲名「Returnig」ご存知の方も多いと思うが、ブライアン・イーノ名作『Apollo』の中の曲である。私が一番好きな曲で、あまりにも烏滸がましいのだが、オマージュとして同名に名付けた。ドローンとは言ってみれば永遠に同じような音が流れている訳で常に帰っているとも解釈できるのではないかとか、そういう意味もこめたけど、もっとシンプルに帰るという行為と帰る場所があることはとても幸せだなといつも思う。『Apollo』の方は月から地球に帰ってくるわけだけど、そんなに壮大な帰還でもなく、旅からの帰りでも、会社からのけりでも、現実世界ではなく、精神の回帰でも、東洋の思想では死も回帰となる訳で、あらゆる回帰の意味を曲名に込めた。

tumblr_mhbt91NLvo1rf85lno1_400.jpg

-bare strata RELEASE PARTY-
■日時:2013年2月9日(土)
Open 18:30 / Start 19:30
■料金:
予約 2,000円 
当日 2,500円 (共にドリンク代別)
■出演:
Chihei Hatakeyama
mergrim x kazuyamatsumoto
neohachi
satomimagae
■会場: SOUP (Ochiai)

http://chiheihatakeyama.whereabouts-records.com/2013_live01.html
posted by chihei at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

北九州ツアー

夜のフライトの羽田空港に向かう前に時間があったので映画『おとうと』を観たのがまずかった。山田洋次監督なので、泣かせ方が半端じゃなく、常にジャブを打たれ、時にフックやストレートくらうように、クライマックスまで泣かされっぱなしだった。中盤の吉永小百合が新幹線で大阪に向かうシーンが何故だが凄く泣けて。。。夜のフライトは初めてで、でも雲一つない、いい天気で、夜の日本列島の上空を眺めながら、日本の夜の明るさとか電力会社の事を考えていたら、見なれた地形が目に入り三方が世間に囲まれ、残る一方が海というあれは鎌倉、視線を左に寄せると江ノ島が見えるこうやって故郷の上を飛びながら、『おとうと』を思い出してまた飛行機で感傷に耽ってしまい切ない気持ちで北九州に向かったのだった。

北九州空港では丸さんと奥さんが迎えに来てくれていて、車で丸さんの家に向かうまではタイとフィルピンの音楽が流れていて、異国感が尋常ではなく、ここがどこだが分からなくなる。夜の9時くらいから飲み始めて、ビールかなりの本数とワイン二本、日本酒一本という凄まじいエネルギーで話しまくりながら夜の3時まで飲んでいたが、不思議と次の日は二日酔いではなかった。泥酔した中でゴヤの話が出て来て、九州で70歳を過ぎて売れるようになった女の画家の話が印象的だった。次の日は昼の12時から開場に入って機材の確認などをしながら、余った時間でまた一人で立ち飲み屋で飲んでしまった。ライブの時間までは結構時間があったので、一旦ライブ終了までは酒を控えた。ライブの方はお客さんの熱気も自分を後押してして、自分も何故だがドローンに餓えた室町時代からやってきたような人になった気持ちで、つまり初心に戻ってクリアな心で演奏ができた。このところライブのセットにムーガフーガのフィルターを加えたのだが、やっとなじむようになってきて、この日はカットオフとレゾナンスが容赦なく、会場のギャラリーソープの木造建築と共鳴して、箱全体がスピーカーにようになってとにかく音が洪水のようになっていた。最後はお約束のフィードバックでノイズになって爆音祭りだったけれど、これがエレクトニクスミュージックの醍醐味だったんじゃないかと思った。

次の日は帰る日で、東京は大雪で小倉は晴天で暖かく、前夜の打ち上げで焼酎をストレートでゴボゴボ呑んでしまっていたので、ボロボロの二日酔いのまま、海辺の回転寿し屋で、昼間からまた呑み始めて、今日は飛行機は飛ばないだろうからもう呑んでしまおうと思ってホロ酔い気分で空港に行ったら、自分のフライトだけ飛ぶので腰を抜かしそうになった。その前の便、その後の便も欠航なので、どうにかしてるなと思いながら、待ち合いの時間で、もっと酔っぱらってしまおうと思ってまた缶ビールを呑んでいた。悪天候で気流が悪かったので、特に関東上空では機体が上下左右に揺れまくるので子供が泣き出す始末の中、酔いで不安になるかと思いきや、不安の方が先行して冷静になるらしい、着地の時も斜めに成りながら雪の滑走路に突っ込むので本当に大丈夫かと思ったが大丈夫だった。
posted by chihei at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

平清盛

去年の大河ドラマの『平清盛』を録画して保存してあったので、10月くらいからの放送分を一気に観た。確実に言える事は低視聴率ではあったが中身はなかなか濃いもので、一昨年前の『江』と比べたら雲泥の差だと思う。清盛及び平家の最後があまりにも、あっけないし、主人公なのに最後は悪役という10月からの放送分はそれまでの放送に比べると多少違和感というか奇異に感じた。自分自身を含め、どうしても源氏に肩入れしながら観てしまうのではないか。10月からの放送分は頼朝の成長譚であったように思う、何故なら一番感動したシーンは頼朝が政子にプロポーズする回だったから。それまでの放送では特に連綿と繋がる愛憎入り交じる親子関係が主題になっていて、清盛も、そのライバルの義朝も父親を乗り越え成長したのだが、清盛の息子達は遂に父を超えられず、父を乗り越えた(清盛という架空の父も含む)頼朝勝利でドラマが終わるというねじくれた最終回はあまり感動できなかった。
posted by chihei at 18:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

şafak

31034_3998532205204_1457905168_n-633x900.jpg

開催日時
2013年1月13(祝前・日) 17:00 ~ 22:30
開催場所
小倉 GALLERY SOAP : : :北九州市小倉北区鍛冶町1-8-23 2F
入場料金
当日 : 1500円 + 500円(1ドリンクオーダー)
出演者
LIVE : Chihei Hatakeyama PA : Tropical Chest Hairrrs
DJ : SHUHEI, ASM5GD, KT
SHOP : np shop(Tシャツ他雑貨), 反転地, anamon(本販売), SPITAL(CD販売)

http://experimence.jp/party/2012-1-13-gallery-soap/
posted by chihei at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

CDの棚

このところ毎日部屋に入ると思う事がある。それはCDの棚が整然としてないと言う事だったりする。横になって積み上げられていたり、縦置きになっていたりとやたらと乱雑なので、いつか整理したいと思いつつ、半年以上が過ぎさらなるカオス状態になっているので、今日は意を決して片付けようとという気に何故かなったのだが、棚の前で呆然としてしまう。CDの棚として使用している本棚は厚さがあるので、CDを奥と手前の二段でしまえる当然奥の方は見えないし、取り出しにくいのであまり聞かないCDを入れるのだが、これの選別が難しい!!もしかしたら、聞くのじゃないかと、まだこのCD買ったばかりだしとか、色々な想念が頭を混乱させる、そして整理するために選んだBGMがモートン・フェルドマンのピアノ曲だったので、どんどんどうでもよくなっていく。延々と続く単調なピアノとどのCDを前にするかという事を一所懸命考える無駄な時間。そこでBGMをケンイケダさんの『Kosame』に変更。すると作業は一気に進んで行く!!よくわからないCDはとりあえずダンボールにしまっておこうという新しい解決方法も見つけたので、さらにスピードアップ。やはり忙しない音楽は作業にいいのかな。一気にCD棚の整理が終わったので相当に気分が良くなって今このブログを書いています。
posted by chihei at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

殿塚・姫塚

千葉県芝山市にある芝山古墳群に先月行ってきた。8月の行楽シーズンだというのに、芝山に向かう高速道路はガラガラであった。前にいく車はなく、車内はレッド・ツェッペリンの『天国への階段』である。これ以上古墳に向かうBGMで最適なものもそうそうないだろう。目当ての古墳は『殿塚・姫塚』という二機の古墳であるが、まずはそこで出土した埴輪が展示してある『はにわ博物館』に向かった。この博物館も相当に寂れていて、1時間ほど滞在したがその間のお客さんはほとんどいなかった。『殿塚・姫塚』は国道から、少し入ったところにあって、細い道を過ぎた林の中に佇んでいた。以下はその写真。まずは『姫塚』。

001_.jpg

そして、その隣の『殿塚』

002__.jpg

これは『殿塚』に上って撮った写真。

003_.jpg

最後はそこから空を撮ってみた。

004_.jpg

『殿塚・姫塚』と言っても夫婦の墓ではなく、親子2代の墓ではないかと推測されている。ここから出土した埴輪は奇妙な形の帽子を冠っていて、モンゴルの帽子のようでもあり、当時の千葉県の支配者階級がどういう
人達であったのかと興味深いものがある。


posted by chihei at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

朝のホーム

萬葉集と古今和歌集と新古今和歌集を一気に購入し、パラパラと読んでいる、新古今和歌集は洗練されていて文学性は高いのだけど、萬葉集の素朴さ、の方が読んでていて面白い。萬葉集の歌は今で言えば記念写真みたいなもので、遠出した役人とかがその土地の風景をただ詠んでいたり、でもそれを言葉にして並べると、意味が生まれて、文学になる。音楽もどこか遠くにいって何箇所かでフィールドレコーディングをして並べると意味が生まれて音から音楽になったりする。朝三鷹の駅で電車を待つ間、熱い日差しに照らされながら、鈴木昭男さんの日向ぼっこの空間を思い出したりしながら、今年もこれから熱さが二ヶ月も続くのかとおもってうんざりした。このところ、毎晩ユーロ2012のスペイン対イタリアの試合をすこしずつ観ている。最終スコアは4-0で圧勝という記憶と記録しか数年後には残らないのかもしれないが、この試合はスコアほどは実力が離れている訳ではなくて、ちょっとしたボタンの掛け違いがここまでのスコアの差を産んでしまうんだなという事がよくわかった。しかし、スペインの方が実力は明らかに上で、その差はなんなのか、理由は簡単で選手一人一人がスペインの方が巧い。スペインにはピルロが5人いるようなもので、イタリアにはピルロが一人しかいなかったという事なのか。イタリアファンには観るのが辛い決勝だった。
posted by chihei at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。